35歳既婚男性営業の沖縄出会い話

仕事の都合で沖縄に半月ほど滞在することになりました、沖縄といえば観光地としても大変に人気のある土地でしたし仕事自体もあまのハードなもののようではなかったので物味遊山で楽しめると思いまして、出発前に「沖縄 出会い」と検索して出てきた出会い系サイトに登録して相手の女性を探してみたのです。
「仕事で沖縄に行きます、一緒に一時楽しめる女性仲良くしませんか?」とメッセージを書き込んでおきましたら何通かのメールを受け取れました。
地元の地理にも不案内でありますので、色々と教えてもらいたいということも伝えて出会いの約束を取りつることのできたのは沖縄でフリーターをしているという20歳のユイちゃん。

那覇空港からゆいレールにのり小禄駅近くのビジネスホテルに宿泊、すぐ脇にあるイオンで待ち合わせをしました。
ユイちゃんは大きな瞳が印象的で沖縄の女性らしからぬ色白美人でして、いっぺんで心奪われてしまったのです。
イオン内にあるレストランで一緒に食事を取り、いろいろとお話をしていったのですが性欲のほうが抑えきれなくなってしまいまして、こういう形で出会いを見つけられたのだからとさり気なく誘いまして、ラブホテルに移動することになりました。
彼女の案内でラブホテルの沢山立ち並ぶ地域に連れて行かれましてイン、若くてピチピチした健康そのもののユイの肉体は久しぶりにセックスの楽しさを思い出させてくれたようです、ペニスも過剰なほどに反応しましてギンギンに膨張していました、「沖縄以外の人とするのは初めて…」といいつつも手コキをしてくれて、シックスナインで若いとろとろオマンコを丁寧に舐めてあげたのです。
可愛い反応を見て我慢しきれずに膣内にペニスを挿れました、若いだけにその締り方も半端ではなく妻とのそれとはまったく違う快楽を味わえたのです。

ユイちゃんとは沖縄滞在中に何度もホテルでの関係プラスデートを楽しむことができたのです。
大変素敵な出会いを沖縄出張で味わえました。

42歳専業主婦の不倫話

女たるもの男性に尽くしなさい。三歩下がって歩きなさい。幼い頃からそう躾けられてきました。私の祖父は、地元では有名な病院の創立者。そして父は祖父の後を継ぎ、いくつもの病院を経営する院長。いわゆる名家で生まれ育ちました。

そんな家庭で育った私は、同年代の子とはちょっと違う異質な青春時代を過ごし、とても厳しい躾けをされてきました。現在では少なくなった「いいなずけ」がおり、恋愛も自由ではありません。名門女子大を卒業した私はすぐにそのいいなずけと結婚しました。

結婚してから20年。2人の子供を育てながら主人に尽くしてきました。友人と遊びに行くこともなく全てが主人中心の生活。それが当たり前だと思っていました。

そんなある日、高校時代の同窓会の案内が届きました。今までも何度か同窓会はあったのですが主人に遠慮して一度も参加していません。子供たちも大きくなったので主人にお願いし、初めての同窓会に参加をしました。

同窓会には懐かしい面々が揃い、楽しい時間を過ごしていたのですが、その中でも私にしきりに話しかけてくれる男性が一人。その方は私が高校時代に淡い恋心を秘めていた方。もちろん恋愛禁止だった私は当時その気持ちを相手に伝えることも出来なかったので私の片思いで終わったのですが。その方との会話も弾み、気分が良くなった私はついお酒を飲みすぎてしまったのです。

ひとりで帰れなくなった私を、その初恋相手は家まで送ってくれました。車中で話をしていると、その方も当時私に好意を持っていてくれたらしいのです。そんな話をした二人の間には甘い空気が流れ、帰り際にキス。そして連絡先を交換。

その日以来、度々連絡を取り合っては不倫という逢瀬を繰り返しています。何をしてても、その方の事が頭から離れないのです。自分が不倫をするなんて…もちろん主人や子供たちに後ろめたい気持ちもありますが、人生で初めて経験するトキメキに私の心のブレーキはもう効きません。今まで我慢していたものが爆発するかのように、二人は体を重ね、ひそかに愛を育んでいます。